プラセンタ製剤で更年期障害と肝臓機能を改善!

   

プラセンタ製剤で更年期障害と肝機能障害を治療

プラセンタ製剤とは、医薬品のことで病院でしか扱うことができない人間由来のプラセンタのことです。プラセンタ製剤には2種類あります。

ラエンネック
肝機能改善剤で、肝炎などの治療のために開発されました。
メルスモンよりもニオイが強く効果も若干強いとされます。
メルスモン
乳汁分泌作用や、更年期障害などの治療に用いられています。
女性ホルモンの調整がおもな目的とされています。

病院では、注射や錠剤(内服)で治療していきます。これらの病気と認められる場合のみ保険が適応されますが、美肌のためや疲労回復が目的の場合は自費診療になるので注意が必要です。

プラセンタ製剤の主な副作用

内服薬は、飲む量をしっかり守っていれば問題ありませんが、胎盤にはアミノ酸を含むたんぱく質が非常に多く含まれているので、アレルギー症状(かゆみ、赤みのある発疹等)がでることがあります。

アレルギーをお持ちのかたは、念のため医師に相談しておきましょう。

注射ですが、プラセンタと他の成分(ビタミン類)とのカクテル注射および点滴での摂取は、メスルモン、ラエンネックを販売している製薬会社でも禁止されています。

これらの方法は美容クリニックなどで、若返り目的や疲労回復効果があると宣伝されており、患者さんからの支持がありとても人気のある治療メニューですが、ショック状態になるなどの強い副作用がでることがあるそうです。

プラセンタ製剤とビタミン成分の組み合わせは単品よりも効果が高く、魅力的に感じますがリスクがあるのでやめましょう。

プラセンタ注射は献血NG?

人間の胎盤を使用しているので、血液感染のリスクを防ごうと赤十字団体は、プラセンタ注射を受けた人からの献血は禁止しました。

これは、昔にクロイツフェルト・ヤコブ病という感染症が流行したためです。プラセンタ注射の感染症例は1件も報告されていません。

プラセンタ製剤とサプリメント

このように、医薬品として扱われているプラセンタはデメリットも存在します。

健康を維持するために飲んでおきたい、美肌を手に入れたい、女性ホルモンの調子を整えたいなどの理由で飲むのでしたら、安全で続けやすい価格で悩みを解消できるサプリメントがおすすめです。

サプリメントは、馬、豚の胎盤エキスを使用しています。できるだけ濃度が高く、品質の良いものを選ぶと決してお値段は安くはありませんが(手間がかかるぶんコストが高い)より高い効果が期待できます。

商品の説明書きをよく読んで自分にあったサプリメントを選びましょう。

で、結局コスパ最高のプラセンタはどれ?

様々なプラセンタを経験した私が選んだプラセンタはフラコラのプラセンタエキス100%・WHITE’stプラセンタエキス原液美容液と3粒で10,000mg配合のプラセンタつぶです。

 

1.プラセンタエキス原液(美容液)について

プラセンタエキス原液の公式サイトを読んで私の体質に合うか?成分的に問題がないか?正直、怪しくないか?を細かくチェックしました。

▶︎プラセンタエキス原液美容液の公式ページはこちら

即効性を感じたフラコラプラセンタエキス原液を購入し使用して感じた効果など体験談は こちら

特に美容液であるWHITE'stプラセンタエキス原液は長年の悩みであったほうれい線が目立たなくなり、お肌の発色もワントーン以上明るくなった気がします。
after  

2.フラコラプラセンタつぶ(サプリメント)について

プラセンタつぶもやっぱり内服するサプリメントであるので安心して購入できる会社か?原材料などの成分、注意書き等を読みました。

▶︎プラセンタつぶの公式ページはこちら

プラセンタつぶはじめ3つのプラセンタサプリメントを実際に使用して感じた効果の体験談を比較して付けたランキングは こちら

3つのプラセンタサプリメントを飲み比べてプラセンタつぶは他のサプリメントよりも含有量が高くお値段も手ごろという部分で続けやすく、体質から効いている気がしています。

ただ即効性を求めるなら、プラセンタつぶよりもプラセンタエキス原液の方がお肌のもっちり感や発色などすぐに効いたような感じでプラセンタつぶは内側から徐々に効いていき疲労感回復や乾燥に効いている感じですね。